注目ニュース | 日本・サウジアラビア産業協力 タスクフォース事務局
  1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2019年3月

19.03.31 (Saudi Gazette)
2018年第4四半期の失業率は12.7% で第3四半期の12.8% からわずかに減少した。サウジ人男性の失業率は6.6%、サウジ人女性の失業率は32.5%。
19.03.30 (Saudi Gazette)
住宅省は政府・軍職員、退役軍人、50歳以上の民間企業就労者を対象とする14万リヤル(約37千ドル)の無利息住宅ローン“Sakani”を発表した。既存の融資額50万リヤルの不動産ローンとは別の新制度。
19.03.29 (Arab News)
“Advancing surveillance, security, efficiency and operations” をテーマに“サウジ・ドローン・サミット&エクスポ”が4月22日~22日にリヤドで開催され、ドローンの最新技術、さまざまな分野での使用・応用、飛行規制などが取り上げられる。
19.03.29 (Arab News)
Education Evaluation Commission は学習・教育レベルの改善と向上のために国際数学・理科教育調査(TIMMS)など国際的な教育評価プログラムへの参加の重要性を講演した。
19.03.28 (Arab News)
人材開発基金は民間企業で働く女性従業員を対象に月額800リヤルまでの通勤費補助プログラムを発表した。このプログラムでは社会保障制度に登録して36ヶ月以内で月給8,000リヤル以下の女性が対象で特定のタクシー会社の送迎が受けられる。
19.03.28 (Arab News)
国際電気通信連合の “Global Cybersecurity Index” によれば、サウジアラビアはサイバー・セキュリティ対策が進んでいる国別ランキングではアラブ諸国でトップ、世界で13位。
19.03.28 (MEED(有料会員限定))
リヤド市内に建設予定の商業施設と居住・レジャー施設の大型複合不動産プロジェクト “Rabwa Project”実施のため、既存のリヤド空軍基地移転に関わるPMC契約 (Project Management Consultancy Contract) の入札が始まった。
19.03.28 (ZAWYA)
アラムコはSABIC株式購入資金調達のための社債発行に備え、来週から投資家等との協議を始める。社債発行規模は100億ドル程度と予想されている。
19.03.27 (Arab News)
ツーリズム人材開発センターは2020年までにサウジ人女性約25,000人を対象に各種研修を行い1,400人のツアー・ガイドを含め国内ツーリズム業界で働く女性就労者を増やす計画。
19.03.27 (Saudi Gazette)
諮問評議会は公共道徳法案、少年院に関する規則、コマーシャル・フランチャイズ法案などを承認した。
19.03.27 (MEED(有料会員限定))
Royal Commission of Mecca & Holy Sitesはメッカ公共交通プログラムに関するアドバイザリー契約入札への参加募集を始めた。入札締切り日は4月7日。メッカ公共交通プログラムにはメトロ、バス路線などの建設・整備が含まれている。
19.03.27 (MEED(有料会員限定))
SWCC (Saudi Water Conversion Corporation) はアルコバール・ダンマン間の造水輸送パイプライン敷設EPC契約入札への参加募集を始めた。入札期限は5月26日。
19.03.27 (Arab News)
アラムコはSABIC株式の70% を 691億ドルでPublic Investment Fund から取得することに合意したと3月27日に発表した。アラムコは2030年までに全世界での精製能力を現在の4.9百万BDから8~10百万BDに増強し、このうち2~3百万BDを石油化学製品製造とする意向。
19.03.26 (Arab News)
アラムコはマクダーモット・アラビア社とRas Al-Khair(Jubail北西)の King Salman International Complex for Maritime Indusries内の土地リース契約を交わした。マクダーモット社はこの場所に海上プラットフォームやモジュール組立用施設を建設し、サウジアラビア国内のみならずGCC諸国向けの基幹施設とする方針。
19.03.25 (Arab News)
General Sports Authority (GSA) 総裁は全国的なスポーツ文化の広がりとスポーツ分野への投資の必要性、成長可能性についてマッカ・エコノミック・フォーラムで講演した。
19.03.24 (Arab News)
Saudi Commission for Tourism and National Heritage in Madinahは5日間の観光ガイド研修プログラムを実施した。
19.03.24 (Saudi gazette)
SAGIA総裁はマッカ・エコノミック・フォーラムで講演し、サウジアラビアへの投資のうち国内投資家の参加率は40%以上であると語った。
19.03.24 (Saudi Gazette)
2018年中に旅行予約や旅行代金決済に際して行われたモバイル取引(PC、タブレット端末、スマートフォン、携帯電話などを使用した取引)は2017年比233%増加した。
19.03.24 (MEED(有料会員限定))
230億ドルを投じてリヤドに大規模緑化・スポーツ・文化施設などを建設する“リヤド・プロジェクト”は、近年受注高が伸び悩む建設業界には朗報ではあるが、国家経済の長期的観点から思いきった経済改革が求められる中でGDPの2.9%に相当する政府支出の妥当性についてMEEDは論評している。
19.03.24 (Saudi Gazette)
開催中のマッカ・エコノミック・フォーラムでマッカ州知事とエネルギー産業鉱物資源相は、2,600MWの太陽光発電プロジェクト “Faisaliah Solar Power Project” に関する覚書に署名した。
19.03.23 (Saudi Gazette)
履修科目に中国語を加えるとのムハンマド皇太子中国訪問時の発表を受けて、教育省は「Teaching Chinese Language in Education」 とのテーマで中国語教師早期育成プログラムに関するワークショップを始めた。
19.03.23 (Saudi Gazette)
オンライン・ショッピング利用者が増加する中偽造品・不良品販売も増加中のため、商業・投資省は悪質オンライン・ショップの摘発、消費者への注意喚起、規制強化を行っている。
19.03.21 (MEED(有料会員限定))
Riyadh Development Authorityは今週発表されたリヤドに大規模緑化施設やスポーツ文化施設などを建設する計画のうち、“Riadh Art”のプロジェクト・マネジメント契約の入札を始めた。
19.03.21 (Saudi Gazette)
次回諮問評議会はコマーシャル・フランチャイズ法制定、司法省における女子職員の採用、児童保護法制定などを審議する。
19.03.21 (ZAWYA)
オンライン・ショッピング経験のあるインターネット・ユーザーは2016年の37.3%から2018年中に49.9% へ増加し、同様にオンライン決済も21.4% から41.1%に増加したとCommunications and Information Technology Commissionが発表。
19.03.21 (MEED(有料会員限定))
Saudi Railways Organization (SRO) を廃止しSaudi Railway Company (SAR) を国の鉄道機関とすることを閣僚会議が先月承認したことを受けSROの保有資産(リヤド・ダンマン鉄道やHaramain高速鉄道)がSARに譲渡される。
19.03.21 (Arab News)
リヤドの居住・生活環境の大幅改善を目指して総額230億ドルを投じKing Salman Park、Sports Boulevard、Green RiyadhおよびRiyadh Artなど4つの大規模緑化・公園・スポーツ・文化施設の建設が今年後半に開始される。
19.03.20 (ZAWYA)
サウジアラビア北西部メディナ州山岳地帯の古代文明遺跡周辺の観光開発をめざすAl-Ulaプロジェクトの2035年までの投資規模は200億ドルを目標としているとRoyal Commission for Al-UlaのCEOは語った。
19.03.20 (Saudi Gazette)
航空業界の最新技術や安全性などの情報・意見交換を目的とするグローバル航空サミットが4月1~2日にリヤドで開催予定。今回のフォーラムは中東や世界の航空業界におけるサウジアラビアの役割・重要性アピールの機会。
19.03.20 (MEED(有料会員限定))
Public Investment Fundの子会社Community Development Company はリヤド地区に建設予定の住宅65,000戸のプロジェクト・マネジメント・コンサルタント契約入札への参加を募集中。
19.03.20 (Saudi Gazette)
アラムコNasser CEOはアル・ハッサで開催された投資フォーラムで講演し、サウジビジョン2030に沿った同社の国内・国外での投資増加とサウジ経済の多角化、雇用機会創出増大への貢献・取り組みを紹介した。
19.03.19 (Arab News)
3月23日から4日間第2回マッカ・エコノミック・フォーラムが開催される。“The Road to an Urban Future: Invest in Makkah”とのテーマで、都市開発、公共サービスとインフラ、輸送、ハッジとウムラ(巡礼)関連イノベーション、に焦点を当てマッカ州での投資機会などを紹介する。
19.03.19 (MEED(有料会員限定))
Acwa Power はRabigh Arabian Water & Electricity Company (RAWEC) 株式を丸紅から購入し持株比率を75%に増やした。同時に Rabigh Power Company (RPC).の株式34%も丸紅から購入した。RAWECはペトロラービグに電力、水、蒸気を販売しており、RPCはRAWECからプラントの保守管理を受託している。
19.03.19 (MEED(有料会員限定))
ロシアのNovatek社CEOは2022~2023年に北極圏のGydan半島近くで開始予定の北極圏LNGプロジェクト2への投資参加についてアラムコと合意間近であると語った。Novatekは2017年にYamal LNGプロジェクトを始めている。
19.03.18 (Saudi Gazette)
サウジ証券取引所がFTSEやS&Pの新興国インデックスに選ばれることにより外国投資家のサウジ企業持株は現在の5.9%から10%に増加すると同取引所CEOが予測。
19.03.18 (Saudi Gazette)
人材育成基金は2,258人のサウジ人大学卒業生を対象にTamheer(on the job training – 職業訓練)を実施する。訓練期間は3~6ヶ月間でマーケティング・スペシャリスト、人材開発スペシャリスト、管理業務アシスタント、経理、カスタマーサービスの5職種で学生には毎月SR3,000の報酬が支払われる。
19.03.18 (Arab News)
前回合意した減産の状況や石油市場の現状から判断し4月に予定されている次回OPEC総会開催は時期尚早と思う。4月開催の適否を再考する必要があると語った。
19.03.17 (Saudi Gazette)
アゼルバイジャンの首都バクーで開催のOPEC合同閣僚監視委員会を前にAl-Falihエネルギー・産業・鉱物資源相は、“OPECと非OPECの減産合意継続に楽観的であり、石油市場安定のために他の産油国と協調する。
19.03.15 (Saudi Gazette)
3月15日ニュージーランドのクライストチャーチで起きたモスク襲撃テロ事件に関してサウジアラビア国王、皇太子は哀悼の意を表明するとともに政府はテロを強く非難した。この事件でサウジアラビア人の死傷者は3名。
19.03.15 (Saudi Gazette)
労働・社会発展省が実施中のサウダイゼーション・キャンペーン調査により小売業界で多くの“tasattur”(サウジ人の外国人への名義貸し)が行われていることが判明し、過去半年間に約30%の小売業が閉鎖に追い込まれた。一方では経験のある、訓練を積んだサウジ人不足も深刻になっている。
19.03.15 (Arab News)
3月17日~19日にリヤドでSaudi Water Forumが開催され、水分野における日本の協力・貢献が紹介されるとともに、造水、排水など水分野の持続的開発・成長、専門技術紹介、水分野投資などについて会議・講演が行われる。
19.03.15 (Arab News)
近年の政治経済危機によりベネズエラの原油生産は減少し輸出途絶の不安はあるものの、他のOPEC諸国やロシアなどによる生産量引下げで生じた供給余力がクッション役を果たす、とIEAは分析している。
19.03.14 (MEED(有料会員限定))
Public Investment Fund (PIF) はリヤドのKing Abdullah Financial Districtに建設予定のタワービルの設計入札に5社を招聘した。関係者によればタワービルの高さは1200mとのことで、現在世界一のドバイのブルジュ・ハリーファ828mを超える。(3月5日付MEEDの関連記事続報)
19.03.14 (MEED(有料会員限定))
リヤド本拠のAWJ不動産はリヤド市内で商業施設と居住・レジャー施設からなる大型複合不動産開発計画“Rabwa Project”を発表した。場所はリヤド・メトロの“Salah Al-Din”駅近くとみられる。
19.03.14 (Zawya)
ムハンマド皇太子の2月の中国歴訪を機に発表された中国の軍事産業Norincoとの合弁石油精製・石油化学プロジェクト、浙江省での同種プロジェクトへの参加など、アラムコはPetroChinaやChinopec以外の中国企業との新たな石油・石油化学事業展開を始めた。
19.03.13 (Saudi Gazette)
過去10年間にサウジアラビアは国連人権委員会からの人権に関する勧告453件を受け入れた。
19.03.13 (MEED(有料会員限定))
産業開発都市NEOMのインフラ整備第1期工事のプロジェクト・マネジメント・コンサルタントにアメリカの総合エンジニアリング企業AECOMが起用される模様。
19.03.12 (Arab News)
Agricultural Development Fund (ADF) は魚の養殖業支援プログラムの一環として養殖プロジェクト・コストの70%を補助することを明らかにした。
19.03.12 (Saudi Gazette)
民間部門で働くサウジ人男性の46%は卸売業、小売業、製造業、建設業。民間部門全体のサウジ人就労者は181万人。そのうち女性は16万7千人。今後エンターテインメント、ツーリズム業界で多くのサウジ人の雇用機会が見込まれる。
19.03.12 (Saudi Gazette)
閣僚会議はエネルギー・産業・鉱物資源省とイギリスのビジネス・エネルギー・産業戦略省との間のクリーン・エネルギー分野における二国間協力の覚書を承認した。また、国連の環境計画に関する協力協定締結について、環境・水資源・農業省に交渉権限を付与することを承認した。
19.03.11 (Saudi Gazette)
サウジ国内主要都市内のプライベート輸送や国内観光地への遊覧飛行を目的とするサウジ初の国営の商業用ヘリコプター運航会社“Helicopter Company”が設立された。
19.03.11 (MEED(有料会員限定))
サウジアラビアとバハレーン両国の運輸省およびKing Fahd Causeway Authorityは自動車道路および鉄道併設の第2 Causeway (King Hamad Causeway) 建設に関わる財務・技術・法務アドバイザリー契約入札の締切日を2月21日から3月28日に延長した。
19.03.11 (Thomson Reuters(有料会員限定))
アラムコは原油価格相場下支えのため4月の原油生産量を10百万BD以下とし輸出量も7百万BD以下とする見込み。
19.03.11 (Saudi Gazette)
ダウ・ケミカルのジュベイルにおける投資額1億ドルのポリマー・プラント建設や現在実施中のシロキサン・シリコン製造施設建設のフィージビリティ・スタディ、ハネウェルのアラムコへの総額36億ドルの製品・サービス供給契約。
19.03.08 (Arab News)
ベルリンで開催のWorld Tourism Exhibition(~3月10日)に参加のサウジ総合投資院はパビリオン“Invest in Saudi Arabia”で世界の観光業界関係者にサウジの観光・レジャー資源を紹介するとともに投資誘致を行った。
19.03.08 (Arab News)
3月8日付Arab Newsはサウジ人女性として初のアメリカ大使に任命されたリーマ王妃の経歴を紹介するとともに女性大使の任命がサウジ社会に及ぼす意義について論評している。
19.03.08 (Arab News)
3月7日ムハンマド皇太子は日本の安部首相と電話会談し、2016年に合意スタートした「サウジ・日本ビジョン2030」にもとづく両国間協力と戦略的パートナーシップ深化について意見交換した。
19.03.08 (Saudi Gazette)
General Authority of Zakat and Taxは銀行や投資家に対するイスラム税(Zakat)を10%から20%へ引上げるとの報道を否定した
19.03.07 (MEED(有料会員限定))
民間航空局(General Authority of Civeil Aviation)はジェッダの新King Abdulaziz国際空港のホテル建設・営業および駐車場運営委託に関わる入札を実施中。
19.03.07 (Arab News)
Al-Falihエネルギー・産業・鉱物資源相紅海で相当量の天然ガスを発見したこと、アラムコがアメリカでのLNGプロジェクト、南アフリカでの石油化学プロジェクトを検討中であることを語った。
19.03.07 (Arab News)
Al-Falihエネルギー・産業・鉱物資源相はアラムコのIPOは2年以内に行われると語った。アラムコのAmin-Nasser CEOも1月に同様の発言をしている。
19.03.06 (Saudi Gazette)
政府はアメリカ、ヨーロッパ、日本、中国からの観光目的渡航者に対する入国ビザの免除を検討中で今年中に結論を出す見込み。
19.03.06 (Saudi Gazette)
紅海北部に建設予定の産業開発都市「NEOM」、リヤド南西部に建設予定の総合エンターテインメント、スポーツ、文化の複合プロジェクト「Qiddiya」などを結ぶ交通システムとして、超高速チューブ式輸送システム「Virgin Hyperloop One」の導入プランが来週発表される。
19.03.05 (MEED(有料会員限定))
Public Investment Fund (PIF) はリヤドのKing Abdullah Financial District (KAFD)拡張計画の一環としてリヤドで最も高いタワー・ビルの建設を検討中。
19.03.05 (MEED(有料会員限定))
ペトロラービグは設備高度化プロジェクトのFEED(Front End Engineering Design)とプロジェクト・マネジメント・コンサルタント・サービス契約を米Jacobs Energyと結んだ。
19.03.04 (Gulf News)
2018年のサウジ国内の民間企業就労者は2017年の993万人から134万人減少し860万人となった。134万人のうち外国人106万人、サウジ人27.8万人で、サウダイゼーションが進んでいることを示している。
19.03.04 (Saudi gazette)
近年サウジアラビアでは若い女性を含む多くの人々の間で日本文化への関心が高まっているが、最近在ジェッダ日本国総領事館で上映された日本映画“スウィングガール”には多くのサウジ人学生が集まった。両国間の文化交流には日本の青少年オーケストラの招聘、柔道や空手などのスポーツ交流も含まれている。
19.03.04 (Saudi Gazette)
サウジ通貨庁(Saudi Arabian Monetary Authority - SAMA) はマネー・ロンダリングやテロ資金対策の一環として、国内の全ての銀行に対して口座開設者の収入に不釣り合いな取引について報告を義務づけた。
19.03.04 (Arab News)
Public Transport AuthorityのAl-Rumaih総裁は2月25日~26日にドバイで開催された“Middle East Rail”で講演し、2018に開業したメディナ/マッカ間(450km)のHaramain高速鉄道の乗車率が90%を超えていること等国内の鉄道建設の現状と計画を説明した。
19.03.03 (Saudi Gazette)
諮問評議会は礼拝時間中の店舗営業適否について検討中。
19.03.03 (Arab News)
国内労働市場における雇用機会にフォーカスしたリヤド2019フォーラム(Human Resource Development Fund主催)が3月3日に始まった。
19.03.02 (Arab News)
3月2日付Arab Newsは、サウジは中東最大の自動車市場であり自動車部品の原料・素材に恵まれていることや女性の運転解禁などから、バリュー・チェーン効果のある自動車産業育成・発展の意義・可能性について論じている。
19.03.01 (Saudi Gazette)
財務相は対内投資の増大、経済の石油依存脱却、サウジ人雇用の増大などを目指し行われている広範な経済改革の効果はすでに現れつつあると語った。