1. TOP
  2. 注目ニュース

注目ニュース

2019年1月

19.01.11 (Saudi Gazette)
国内のドローンの飛行許可に関してGeneral Authority for Civil Aviation (GACA) はウェブサイトでの免許発行e-servicesを開始。
19.01.10 (Arab News)
ビジョン2030の一環としてサウジアラビア北西部の紅海・アカバ湾沿岸に建設が計画されている複合新都市圏NEOMの視察を目的とする同プロジェクトのスタッフを乗せたサウジアラビア航空の初フライトが同空港に到着した。
19.01.10 (MEED(有料会員限定))
Repdo(Renewable Energy Project Development Office)は2030年までに58.7ギガワットの再生可能エネルギー開発計画を発表した。Repdoがそのうち30%の開発を競争入札により行い、PIF(Public Investment Fund)が70%の開発を海外企業パートナーとの交渉・契約により担当する。
19.01.10 (Saudi Gazette)
エネルギー・鉱物資源省は、サウジアラビア初の400メガワットのウインド・ファーム(集合型風力発電所)をAl-Jouf州に建設する“Dumat Al-Jandal wind project”をフランスのEDF社とアブダビのMasdarに5億ドルで発注したと発表した。完成後は7万世帯への電力供給を行う。
19.01.09 (Saudi Gazette)
女性の運転が解禁された昨年6月24日以降、4万人を超えるサウジ人女性に運転免許証が発行された。(㊟海外で取得した運転免許証の切り替えと推測される) また、14カ所の自動車運転教習所を開設する計画も発表された。
19.01.09 (ZAWYA)
外国人の就労ビザの有効期間が現行の1年間から2年間に延長。
19.01.09 (Arab News)
リヤド郊外に計画されている娯楽・スポーツ・文化のメガプロジェクト“Qiddiya”は、企画・設計段階から建設工事段階へ移行する。2030年までに完成を目指すこのプロジェクトは、334㎢の広大な用地(フロリダのデイズニー・ワールドの3倍)に世界最大級のエンターテインメント施設を建設するもの。
19.01.09 (Arab News)
DeGrolyer & MacNagughtonによる第三者auditの結果、2017年末時点のサウジアラビアの原油可採埋蔵量は2685億バレル、天然ガスの可採埋蔵量は325.1兆SCFへと上方修正された。前回audiitでは原油2663億バレル、天然ガス307.9兆SCF。
19.01.09 (Saudi Gazette)
Al-Falihエネルギー・鉱物資源相は、直近の原油生産量は1020万BD、2月の原油輸出量は1月の720万BDから710万BDへ削減する予定であると記者会見で語った。
19.01.09 (MEED(有料会員限定))
マルジャン油田オフショア・パッケージ1(ガス・オイル分離施設の新設、輸出用原油パイプライン建設など総額26億5千万ドル)のEPC(設計・調達・建設)請負契約入札に向けSaipem、McDermott、Larsen & Toubro Hydrocarbon Engineering/Subsea 7コンソーシアムなど5社が応札予定。
19.01.07 (Arab News)
SABIC(サウジ基礎産業公社)は中小企業の育成・支援を目的とする“Exploring Opportunities in Small and Medium Industrial Enterprises” ワークショップをダンマンで開催した。
19.01.07 (MEED(有料会員限定))
Water & Electricity Company (WEC) はShuqaiq 3 IWP(日産45万立米)の一番札(preferred bidder)に丸紅とAbdul Latif Jameel、Acciona、Rawafid al-Hadarah Holding Company のコンソーシアムを選んだ。
19.01.06 (Saudi Gazette)
LCC航空会社Flynasは国内の航空会社で初めてサウジ人女性客室乗務員の採用を始めると発表した。採用された女性乗務員は実務研修後早ければ今月中に搭乗業務を始める。
19.01.06 (Saudi Gazette)
1月7日より小売業界におけるサウダイゼーションの第3段階として、建設資材、医療機械・器具、自動車部品、絨毯および菓子パン販売の5分野でサウジ人化規制が実施される。
19.01.05 (Saudi Gazette)
諮問評議会は今週2つの重要法案を審議する。ひとつは臓器移植に関するもので臓器の提供(寄付)および移植に関する包括的な法案であり、もうひとつは18歳以下の未成年の結婚に関する法案である。
19.01.04 (ZAWYA)
サウジ国内の旅行予約高は、海外からの観光客誘致やサウジ人旅行客の滞在期間長期化、マッカやメジナへの巡礼など宗教ツアーの活況などによりMENA最大規模の年間250億ドル以上に達し、旅行・観光ブームとなっている。
19.01.03 (MEED(有料会員限定))
Water & Electricity Company (WEC) は タイフ近郊に計画中の処理能力27万立方メートル/日の下水処理施設建設と25年間の管理運営プロジェクトに関して、1月27日締切りで入札希望者を募ることになった。
19.01.03 (MEED(有料会員限定))
サウジアラムコは燃料小売の完全子会社Saudi Aramco Retail Company (RetailCo),を設立し、国内でガソリンなど燃料油販売ステーションのネットワークを段階的に拡大する計画を発表した。 
19.01.02 (Saudi Gazette)
PIF(Public Investment Fund)傘下のSaudi Entertainment Projects 社はリヤド市内に約10万㎡のエンターテインメント複合施設を建設すると発表した。同社は2017年9月に資本金100億リヤル(27億ドル)で設立されサウジ国内でシネマ・コンプレックス、遊園地などさまざまな娯楽施設の開発・管理を担っている。
19.01.02 (MEED(有料会員限定))
サウジアラムコはドイツの化学会社Lanxess社との合弁合成ゴム製造会社Arlanxeo社(オランダ法人)の全株取得を発表した。
19.01.01 (Saudi Gazette)
商業投資省、内務省、労働省、都市村落省など8つの政府機関が協同・統合し“Tasattur”(commercial concealment: サウジアラビア国内で行われる外国人によるサウジ人名義のビジネス~名義貸し商法)撲滅キャンペーンを行っている。